スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械の潤滑故障 忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、機械の潤滑故障について、少し説明します。


機械の潤滑故障を、機械の運転時に現れる現象としてみる時その主なものを、その原因とともに

示します。


■ 機械の動きが悪い

機械が動きが重かったり、動きにむらがあったりして滑らかに動かない場合は動力の

消費も大きくなります。

このため騒音や振動が出たりモータが過熱したり、必要な回転数に達しなかったり

します。

対策のためにモータを強力なものにすると、機械が過熱したり伝導装置や軸受が損傷

します。

[原因]

① 摩擦部分の設計・組付けの間違い

   摩擦部分の隙間が小さ過ぎる(隙間がマイナスになっていることもあります)と摩擦が大きく、

 また逆に隙間が大き過ぎても潤滑状態が悪くなって摩擦が大きくなり運動も不安定になります。

 また、摩擦部分に十分な潤滑剤が送り込まれないと潤滑不良で運転状態が悪くなります。

 これらは設計に問題があることも多いが、不良によることもあります。 


② 材料・潤滑剤の選定誤り

   摩擦部分の材料とその組み合わせその組み合わせ、並びに潤滑剤の選定が不適当な時は

 運動が不安定になり、かじりや焼つきなどの損傷を起こしやすい。



③ 異物の混入

    外部からの土や砂ぼこりなどの固形異物が混入する時は、摩擦部分に、かみ込まれて円滑に

  動かなくなります。摩擦部分の隙間や油膜の厚さは数μmから数十μm程度であるのに対して、

  空気中に浮遊しているすなぼこりは数十μmから100μmに達するものが普通であり、硬さも極め

  て高いので、機械の運動を阻害し、著しく摩耗させます。


④ 摩擦部分の損傷

    軸受、歯車、送りねじ、案内面などの摩擦部分に摩耗、かじり、はく離などの損傷が起きると、

  運転状態が悪くなります。










続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。