スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋳造とは・・・04;鋳型用砂    忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、鋳造とは何か、今日は溶けた鋳湯を注湯して鋳造品を作るための鋳型用砂についてのお話

です。


■ 鋳型の種類

   鋳型は砂で造る場合、金属で造る場合があります。

  砂で造る場合を砂型(sand mould)といい、金属で造る場合を金型(metallic mould)といいます。

  一般には、砂型を使用する場合が圧倒的に多いです。


■ 砂型の種類

  ・生型法(green sand mould) ・・・ 湿らせた砂で型を造り、湿気のある間に溶湯(溶けた金属)を

                       注入する方法

  ・焼型法(dry sand mould)   ・・・ 造った型を焼き完全に水分を除去して、型に溶湯を注入する

                        方法

  ・あぶり型法(skin dried mould) ・・・ 砂型の溶湯に直接接触する表面のみ乾燥させる方法

  ・シェルモールド法(shell mpuld) ・・・ 砂の代わりに合成樹脂を用いる方法

  ・セメント法(cement mould) ・・・ 大量のセメントを混ぜた砂を用いる方法


■ 鋳型用砂(moulding sand)の性質

     鋳型を造るのに用いる砂を鋳物砂といいます。けい砂を主体に幾分粘土が含まれています。

   鋳物砂は、成分を調整する場合もありますが、すべて天然産です。

     鋳物砂に必要な性質は、下に主なものを示します。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。