スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治具設計の注意事項 忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、ジグ設計の注意事項 について述べます。


治具や取付具は、ツール、ツールホルダ などに比較して専門メーカが無く、
あっても全部が受注生産や社内製作のために、ドリルブッシュや位置決め
ピンなどがJISで決められているだけです。

各社が実際に使用している、治具や取付具の事例は、その性格上非常に集め
にくいものです。

治具、取付具は各種の加工方法と深くかかわっており、最適条件での加工を
行うためには現場の経験に依存する部分が多くあります。そのため、設計
技術として体系的に考えるという点は遅れているのが現状です。

実際に治具を設計するには、目的を明確にして、治具周りの仕様を明確にし
て種々の検討事項を考慮する必要があります。最初の段階で熟慮しておかな
いと長寿命・高精度を狙った治具の設計は出来ません。

■治具設計の目的
  品質の向上、品質の安定化、労力の節約、稼働率の向上、生産速度の向上
  
■治具設計に必要な仕様
  治具の取付け、工作物の取付け、工作物の支持と締付け、工具の位置決め、
 工具の案内、切りくずの処理、工作物の測定、安全対策、運搬と保管、製作
 と整備、ジグを使用する工程、工作物の総量・総重量
  
■治具設計時の検討事項
  治具構成材質、必要精度(工作物より高精度)、耐摩耗性の保持、切り
 くずおよび切削剤の処理、治具にかかる切削力の大きさと方向、締付け方法
 (マニュアル、エア、油圧)、センサ類の必要の有無、専用治具か汎用治具
  か、他のアタッチメント(NCインデックス)との組合せか




スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。