スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色の三要素 塗装の基礎知識 忘れたらあかん ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

  今日も、塗装の基礎について述べます。今日は色をあらわす三要素
のお話です。


■色のものさし
  塗装や、商業美術において、色を正確に伝達することは非常に重要
です。色を正確に記録したり相手に伝えたりするために、決まりに基づ
いて記号や数値で表したものを「表色系」といいます。

  物体色は、「色相」、「明度」、「彩度」の3要素を用いて表される
ことが多く、表色系もこの3要素を数値化しているものが多いです。

  「色相」は、赤,青,黄色といった色合いを示す指標、「明度」は
明るさの度合いを示す指標、「彩度」は、鮮やかさの度合いを示す指標
になります。

■色を正確に表すには
  物体色は、同じ色でも、照明の仕方や背景、見る方向などによって
違って見えます。従ってこの3要素のものさしだけでは色を正確に伝える
ことは出来ません。

  たとえば、スーパーマーケットでおいしそうに見えた弁当が、家に
持って帰るとまずそうに見える場合があります。これは太陽や蛍光灯、
白熱灯など、その種類によって色の見え方は変わります。

  また、色は、面積が大きいほうが小さいものより明るく見える傾向が
あります。

  さらに、色は背景や見る方向、光の当たる方向によっても異なります。
また人間の目は個人差があり正常な色覚の人でもわずかに赤色に敏感だっ
たり、逆に青色に敏感だったりします。

  正確な色を表すには、これらの不安定要素は出来るだけ減らす必要が
あります。これらを標準化するために、色彩測定の際の光源の色や強さ、
方向などの標準を決める国際的なルール作りをするのが、国際照明委員会
(CIE:Commission Internationale de I'Eclairage)です。









スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。