スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭素含有量によって分類される鉄と鋼と鋳鉄 忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

  今日は、炭素含有量によって鉄は、3種類に分類できるという
お話です。


■ 鉄と鋼と鋳鉄の違い

  鉄はその組成により、大きく3種類に分類されます。
  組成とは鉄と固溶する成分の濃度、つまり鉄との比率です。
  また固溶とは、2種類以上の元素が互いに溶け合って、全体が均一
の固相となっている状態をいいます。
  鉄に固溶して、その性質に影響する主要な元素に、C(炭素)、
Si(シリコン)、Mn(マンガン)、P(リン)、S(硫黄)の5つの元素
があり、これらを鉄の5元素といいます。これらはミルシート(材料
証明書)に濃度が記載されています。



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。