スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イソナイト処理について 忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

  今日は、イソナイト(タフトライド)処理について書いてみます。


■ イソナイト(タフトライド)処理とは
  タフトライド処理は、ドイツのデグッサ社が考案し、商標登録していたもので、
 現在国内ではイソナイト処理といわれています。このコンテンツは、これ以降イソナイ
 ト処理とします。

  イソナイト処理とは、主としてシアン化カリウム(KCN)55~60%、シアン酸
 カリウム(KCNO)33~35%からなる、溶融塩(温度は520~570℃前後)中で、被処理品
 を処理する方法です。
  熱分解及び酸化分解により生成するCOとNが被処理品の中に拡散浸入していきます
 (ただし、実際は温度が高く、Nが主体となって拡散浸入していきます)。通常は軟窒
 化または低温浸炭窒化といいます。
 
■イソナイトでの硬化の仕組み
  イソナイト処理による硬化層の評価は、
  (1)窒素の侵入による硬さ増加度
  (2)窒素の侵入による硬化の深さ
 によって決まります。これらの程度は処理される材料の化学成分によって変化します。
  図1は、鋼に含まれる合金成分の量と窒化硬さとの関係をグラフにしたものです。
 この図からわかることは、窒化で表面を降下させる目的のためには、Alが特に有効で
 あることです。その次に有効な硬化元素はCr、V、Moなどであることがわかります。


元素

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。