スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯車の損傷 ・・・ 忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

  今日は、歯車の損傷 について調べたことを少し書いてみます。



■歯車の損傷の分類

 歯車は、適切な潤滑と荷重が与えられ、設計、製作、取付けが
正しければ、初期摩耗でなじみがついた後は、摩耗の進行は非常に
遅くなり、長い寿命を保つはずですが、実際は色々な条件が悪化し、
種々の損傷が発生することがあります。

 損傷をAGMAの分類で示すと良好な状態から順に、
 
 A. 正常摩耗
 B. 中程度摩耗
 C. 破壊的摩耗
 D. 歯面の疲れ
 E. 塑性流れ
 F. 歯の折損
 
となります。このうちAは正常な状態で初期摩耗以降の摩耗の進行
がほとんどない状態です。従って、損傷はB~Fを指しますが、
Bの中程度摩耗はAの正常摩耗よりかなり早く摩耗が進みますが、
必ずしも致命的な摩耗ではありません。

 ここでは、C以下について述べます。
 
■C.破壊的摩耗

1)アブレシブ摩耗
  ごみや歯車の摩耗粉などが歯面の間にはさまって、すべり方向
 に平行な筋がつく損傷。

2)スコーリング
  高圧面部分のすべり温度上昇などにより油膜が切れ、金属面が
 溶着して引きさかれ、 引っかき傷が生じる損傷。歯先と歯元に
 よく発生します。特徴は引っかき傷と溶着による、引きちぎられ
 たあとが見られることです。
 
3)干渉
  相手の歯先が歯元に強く当たり、ひどくえぐりとられる損傷。
 歯形、修整などの狂い が原因です。
 
4)腐食摩耗
  潤滑油中の酸、水分、不純物の化学作用による損傷です。

5)剥離
  歯の表面がフレーク状になってはがれる損傷。歯面の疲れに
 よる降伏が原因です。軟質材、脱炭した歯面などに発生します。

6)摩擦焼け
  過大な荷重、速度、潤滑不足による異常摩擦がさらに進んで、
 高温のために変色、硬度低下を起こします。他の損傷を併発する
 ことがあります。

7)変色
  硬度が低下しない程度の変色をします。
 


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。