スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイカスト製品の問題点と解決策 忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、過去に取り扱った、ダイカスト製品の問題点と解決策について、
述べたいとおもいます。


■ダイカストの弱点
  近年アルミニウム合金、マグネシウム合金によるダイカストの生産量
が増大してきています。ただ、ダイカスト品は普通の鋳造品に比較すると、
強度やじん性に劣る短所があります。

鋳造材の中に残る巣や微細な気泡の存在が原因です。鋳物の巣は、溶けた
金属(溶湯)は周囲(型に接する部分)が最初に凝固して、内部が遅れて
凝固するために生じる凝固収縮により発生するもので、鋳造品に共通する
問題です。

  更に、ダイカストの場合は、微細な気泡が内部に残る現象が発生しま
す。これは、ダイカスト鋳造は金型との接触面での冷却が早いためと、
一気に溶湯を金型内に押し出し成型するため、元々金型内に存在する空気
を巻き込んだまま溶湯を送り込むことになります。
この空気が、溶湯の凝固の際に微細な気泡として内部に残ります。この気
泡は、ダイカスト品の強度やじん性を劣化させて、更には溶接性も阻害し
ます。

  加圧鋳造するダイカストの場合、残留する空気の体積は圧力により
減少しますが、気泡の無い鍛造品に比較すると、強度的にはかなり劣り
ます。

基本的な知識はこれで、ダイカスト技術入門


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。