スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリース潤滑の特徴 忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、グリース潤滑の特徴について昔調べた内容を、記します。


グリース潤滑の特徴

 潤滑剤の選定の際、それぞれの潤滑剤の長所、短所を理解して使用
する必要があります。ここでは、グリース潤滑の長所・短所を示します。

1.滴下や、飛散が少ない。
 油潤滑の場合のように滴下したり、飛散しないので、製品や機械を
汚損することがありません。
 一方、固体潤滑剤はほとんどが粉末なので取扱いがむずかしくなります。
 
2.給油機構が簡単になる。
 油潤滑を行うと油だめ等のスペースが必要になり、液体であるので密封
を完全にすることが必須条件となります。一方、グリースはそれ自体に
密封性があり、軸受箱のシールも簡単にできる。
 
3.潤滑油よりも給油回数、手間が少ない。
 油潤滑では、一日一回は給油しなければならない場所でも、 グリース
場合は半年も給油しなくてよい場合があります。
シールドベアリングと組合せで、機械の寿命まで無給油のものもあります。
 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

tag : グリース ベアリング 潤滑 転がり軸受 基油

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。