スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋳造欠陥   忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は鋳造欠陥について少し、記します。



鋳造品の不良が一旦発生すると、発見された工程までの労力を無駄にして、
工程を混乱させ納期も遅延させることになります。

不良の原因は、実に様々です。その全てをあげることは私にはできませんし、
ほとんどの方も不可能でしょう。ここでは、不具合の現象とその原因について
代表的なものを、個人的なバイアスもかかった内容ですがまとめてみたいと思います。


1.寸法不正確
  (1)模型の寸法が不正確。
  (2)模型の伸び尺が実際の金属の伸びと一致しない。適切な伸び尺で模型
     が作られていない。
  (3)模型の合印が悪く、合わせ型に食い違いができる。(mismatch)
  (4)上型に載せる重しが軽すぎる、注湯のときに上型が浮き上がって厚さが
     厚くなる(俗に”はり気を生じる”といいます)。(swell)
  (5)注湯温度が不適切。
  (6)上型と下型のかぶせ方が適当。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。