スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリースの組成   忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日はグリースの組成について少し、記します。



グリースの組成は
 1)液体潤滑剤
 2)増ちょう剤
 3)添加剤
に大きく分類されます。

1.液体潤滑剤
  一般には、基油(Base oil)と呼ばれます。グリース中の成分の80~90%を
 占めています。もっともよく使用されるのは、石油系潤滑油(鉱物油)です。

  使用する目的に応じて、スピンドル油(VG8~22)、タービン油(VG32~80)
 からシリンダ油(VG460~1200)程度までの幅広い粘度のものが使用目的に応
 じて用いられます。また特殊な用途には、合成潤滑油(エステル油,シリコン
 油等)が用いられる事もあります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。