スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固溶化熱処理について  忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は鋼の固溶化熱処理について少し、記します。


■鋼の固溶化熱処理

固体が溶解した状態を固溶体といいます。金属合金を固溶する温度まで
加熱して固溶化させ、急冷すると過飽和固溶体になります。
この熱処理を固溶化熱処理といいます。冷却速度がゆっくりだと完全な
過飽和固溶体にはなりません。

固溶化熱処理は、ステンレス鋼の耐食性の向上や、軟化、非磁性化、
析出効果などの目的で行われています。

例えば、代表的なオーステナイトステンレス鋼のSUS304(18Cr-8Ni)の
場合、880℃以上では炭素は全部固溶されます。880℃以下では固溶量が
激減します。常温では0.02%しか固溶されず、残りの炭素は結晶粒界に
析出します。析出した炭素は、粒界付近のクロム(Cr)と化合してCr炭化物
となるため、粒界付近のクロムが欠乏して耐食性が低下します。Cr炭化物
の生成を阻害するために、約1100℃から急冷して固溶化熱処理を行います。
これにより炭素の全量がオーステナイトに固溶されて、粒界には炭化物の
析出が無くなり、耐食性が向上します。








スポンサーサイト
Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。