スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩耗の種類   忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、摩耗の種類について少し、記します。



■摩耗とは
    摩耗とは、摩擦に伴って固体の表面が継続的に減量する現象です。

■摩耗はどう変化するか
    固体どうしが滑る距離Lと摩耗量V(体積)との変化を説明します(図1)。
    図に示す曲線の傾きを摩耗率(摩耗速度)といいます。図の曲線Aは、
  摩擦の開始時には高い摩耗率になる(初期摩耗)が、距離が伸びるにつれ
  て低い摩耗率になる(定常摩耗)場合を示します。

    多く機械でこのような摩耗形態が認められます。但し、潤滑状態や材料
  の性質によっては、摩耗率(滑り距離と摩耗量の比)が一定となる場合(直線B)
  や、すべり距離の増加により摩耗率が増加する場合(曲線C)もあり、摩耗量
  だけではなく摩耗率にも注意を払う必要があります。

滑り距離と摩耗率

続きを読む

スポンサーサイト
Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。