スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料の軸受特性  忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、特に金属材料の軸受としての特性について述べます。


■ 軸受特性

ある1つの機械要素が他の要素と接触して置かれ,しかも2つの機械要素の間に

すべり運動がある場合には、軸受作用がします。このような状態に対しては,潤滑や

温度、腐食のような問題点について十分検討しなければなりません。

 どのような金属材料も軸受として使用することは可能ですが、軸受用にはより適
 
した材料があります。このような材料は,接触する物体(すなわち,相手の要素)に

対して容易になじみ、しかも表面に油がよく付着する性質を備えています。その

結果、かじりや焼付きを防止し、また容易に硬い粒子や異物を埋め込んで、引っかき

や摩耗を防止します。このような特質をもつ材料は、優れた軸受特性をもつといい

ます。

 なお、軸受特性に優れた材料としては、バビットメタルや、銅合金があります。


   ・・・ インデックスへ ・・・




関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

インパクトあるナノトライボロジー情報

 日立金属さんのSLD-MAGIC(S-MAGIC)のトライボロジー特性は凄いですね。なんとPV値が900MPa・m/minもある自己潤滑性工具鋼らしい。
Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。