スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルクと動力 忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、回転軸のトルクと動力の関係について述べます。


■ トルクとは

 トルクとはモーメントの一種であり、力と距離とをかけたものです。一般には、トルク

の単位は、SI単位ではN・m、従来の重力単位系ではkgf・cmが良く使われます。

トルク関係でよく見るのは、トルクレンチです。表示を見られたらわかります。今はすべて

SI単位系で、N・m、トルクドライバーのように小トルクを測定するものはN・cmで表示されて

います。ご存知とは思いますが、トルクレンチとは、たとえばボルトを回転しながら、

ある力を与えるものです。
 
 軸の設計では重力単位系では、kgf・mm、SI単位系ではN・mがよく使用されます。このブ
 
ログでは筆者の世代(年がわかってしまいますが)から、主に重力単位系を使います。
 
 仕事は、力と力が動いた距離とのベクトル積として定義されます。回転中心からの

距離(r mm)に作用する力(F kgf)によって、1回転中になされる仕事は、

Fx(2πr)(kgf・mm)で求められます。毎分回転数をN(min-1)とすれば、

1分間に生じる仕事は、、FN(2πr)(kgf・mm)となります。1kWは

101.97kgf/m・s ですから、伝達動力H(kW)は、

    トルクと軸馬力



になります。







 
関連記事

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。