スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表面粗さの言葉   忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、表面粗さについて述べます。



■表面粗さ
  物体の表面の性質を定める量として、表面粗さは重要な要因となります。
 表面粗さの程度は、表面のでこぼこ(凹凸)の程度てあり、ツルツルしている
 とか、ザラザラしているという感覚に大きく影響を与えると考えられます。
 
  工業的には、日本工業規格(JIS B0601)に、3種類の表面粗さの定義の
 仕方が定められており、これらの方法で測定して表示したものを表面粗さ
 とする、としています。

  JISの定義では、”工業製品の表面粗さとは、その表面(対象面)からラン
 ダムに抜き取った各部分における最大高さ(Rmax)、十点平均粗さ(Rz) また
 は中心線平均粗さ(Ra) のそれぞれの算術平均値とする"と定めています。
 
 
■断面曲線と粗さ曲線
  図1に示すように、測定しようとする面(対象面)を、垂直に交わる平面
 で切断したとき、その切り口に現われる輪郭を“断面曲線"と呼んでいます。
 断面曲線は、無限に小さい曲率半径をもった触針を、表面に接触させながら
 ゆっくり動かしたときの触針先端の上下動の形になります。
 しかし、実際の触針の動きは、厳密には表面の凹凸の断面曲線ではなく、
 特に小さな凹凸を持つ面を測定する場合は、この違いが著しくなります。
 規格の定義では、理想的な断面曲線を指していますが、実際の測定では、
 理想的な断面の形は測定できません。そこで、一定の基準に従った方法で
 得た触針の上下動の記録を、断面曲線として取扱ってもよいことになって
 います。
断面曲線


 
  通常の加工面の形状は、不規則な高さ、間隔や傾きなどをもった山や谷
 が連続したもので、この表面から触針式表面粗さ測定器(電気拡大式)で
 表面粗さを求める場合には、“うねり"成分(表面粗さに比較して、より大
 きい間隔で繰り返される面の凹凸)を取り除くために、断面曲線の長波長
 成分(低周波成分)を取り除く電気的な高域ろ波器(短い波長の成分だけを
 取出す回路)を用います。従って、触針の先端が作るはずの曲線(断面曲
 線)と、高域ろ波器を通って記録された曲線とは形が違うことになります。
 これを図2に示します。この曲線が、表面粗さを代表する曲線と考えて
 ”粗さ曲線”と呼びます。


ろ過器


機械測定法機械測定法
雇用・能力開発機構 職業能力開発総合大学校 能力開発研究センター

雇用問題研究会/厚生労働省認定教材 2002-03
売り上げランキング : 548422

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。