スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軸受の運転形式

 すべり合う金属間の摩擦係数は潤滑油の粘度(η)すべり速度(N),荷重(P)からなる潤滑状態の過酷度を示す変数(ゾンマーフェルト(Sommerfeld)数と言います)により,図に示すストライベック(Stribeck)曲線で表されます。

 潤滑状態はゾンマーフェルト数が小さくなるほど厳しくなります。通常は,流体,混合および境界潤滑の三領域に区分されます。
1.流体潤滑の領域は摩擦面間に比較的厚い油膜が存在し,表面同士が接触することが防止されます。荷重を支える理想的な潤滑状態で摩擦係数も小さい。
2.境界潤滑の領域では表面同士が潤滑油の薄い吸着膜によってのみ接触が妨げられる状態です。
3.混合潤滑領域は、流体潤滑領域と境界潤滑状態が混在する潤滑状態です。表面はある程度潤滑油膜によって分離されている。このような油膜はかなり薄く、その上連続的に形成されていないから、表面同士は部分的に接触しています。


もっと詳しい事を学習したい人は、、、

>
トライボロジーの基礎
関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。