スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイカストって何?  忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、ダイカストの定義についてです。


■ダイカストとは
  ダイカスト(Die Casting)とは、溶融金属を精密に製作された金型
 に加圧しながら注入することにより、高精度で鋳肌のきれいな鋳物を
 高サイクルで大量に生産する鋳造方式の一種です

■ダイカストの製造方法
  ダイカストの金型は熱間工具鋼などで作られ、ダイカストマシンに
 取り付けて、溶融したアルミニウム合金、亜鉛合金、マグネシウム合金、
 銅合金などを圧入して鋳造します。その工程はほぼ自動化されており、
 生産性の高い大量生産に適した鋳造方式となります。


■ダイカスト製品の特徴
  ダイカスト製品は、他の鋳造品と比較すると、寸法精度が高く、
 比強度的に優れ、鋳肌表面が滑らかで美しく、機械加工が少なくても
 済む特徴があります。
  
  ダイカストという言葉は、鋳造法を示すだけでなく、製品自体を
 指すこともあります。
  


ダイカスト技術入門ダイカスト技術入門
菅野 友信 植原 寅蔵

日刊工業新聞社 1997-12
売り上げランキング : 396673

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ダイカスト用金型の寿命対策ダイカスト用金型の寿命対策
日原 政彦

日刊工業新聞社 2003-02
売り上げランキング : 670454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

サンドビックリ

 工具鋼のコの字も知らないで色々本を出してるけど、頭おかしいんじゃない?

No title

 たかがダイカストで大騒ぎの意味が解らん。工具鋼はもっと奥行きがあって、様々なことが絡む難しい技術。工具鋼の単なる一アイテムに過ぎない。しかし、担当者は日々色々なことに直面していることにも思いを馳せる。

トライボロジーの感動

 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型冷間工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。
Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。