スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色の三原色 塗装の基礎知識 忘れたらあかん ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

  今日も、塗装の基礎について述べます。今日は色の三原色の
お話です。


■物体色と光源色
  モノの色は、物体が光を反射/吸収することによって見える色です。
これを「物体色」といいます。色には、もう一つモノ自身が光を発する
発光体の色があります。これを「光源色」といいます。


■色の三原色と光の三原色
  物体色も光源色も、それぞれどの色を混ぜてもつくることのできない
3つの色があります。これを三原色といいます。

  三原色は、物体色と光源色とでは異なります。色の三原色は、シアン、
マゼンダ、イエローになります。パソコンのプリンターの色を交換するとき
おなじみですよね。一方、光の三原色は、赤、緑、青になります。

  光源色の場合は、同じ色でも単色光のみで出来ている色と単色光を
混合して出来る色があります。例えば、光では赤と緑の単色光を混ぜ合わ
せると、黄色になるのですが、この黄色は、黄色の単色光とは異なるもの
です。詳しく見ると、黄色の単色光は、一つの波長の光が目の網膜を刺激
して黄色に見えるのですが、赤と緑の2つの波長の光が混じりあって網膜
を刺激した結果、黄色に見えるのです。

  光源色の場合は、たくさんの単色光を混色していくと、目に入る波長
の種類がたくさん増えて、光は明るく白っぽい白色光になります。日中の
太陽が白く見えるのは、たくさんの単色光が混じりあって見えるからです。

  一方、色々な色の絵の具を混ぜ合わせていくとだんだん黒ずんだ色に
変化します。なぜかというと、絵の具に吸収されえる光が増えて反射して
網膜を刺激する光の量と波長の種類が減ります。色の三原色を均等に混色
すると、絵の具がすべての光を吸収して黒になります。














関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。