スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展伸用アルミニウムの分類 忘れたらアカン、ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日はアルミニウム合金の呼び方について、述べたいとおもいます。


■展伸材とは
 押出し、引抜き、鍛造など、熱間又は冷間の塑性加工によって造られた
板、条、管、棒、線などの製品を展伸材といます。
 展伸材に使用されるアルミニウム合金材料は、JISでは"A"の記号の後に
1000~7000番台の4桁の数字がつけられて分類されています。ちなみにUS
では、4桁の数字はほぼ共通ですが、頭の文字は"AA(The Aluminum
Association)"を使うことが多いです。

■A1xxx ・・・純アルミニウム
 純度が99.90%以上のものに使用します。
 電気や熱の伝導性に優れており、電流、照明の反射鏡、各種アンテナ
などに用いられています。

■A2xxx ・・・Al-Cu系
 Cu(銅)を主要添加元素とする合金で、鋼に匹敵する強度があります。
欠点は耐食性に劣ることです。
 ジュラルミンや、超ジュラルミンともよばれます。古くから航空機
部品に使われました。機械部品や光学部品、磁気ヘッド、リベットなど
に使われています。
 
■A3xxx ・・・Al-Mn系
 Mn(マンガン)を主要添加元素とする合金です。深絞り性能に優れて
いますので、成型加工品に使用されています。飲料缶や、建築用資材、
車両用材料に用いられています。
 
■A4xxx ・・・Al-Si系
 Si(シリコン)を主要添加元素とする合金です。熱膨張率が小さく、
耐熱性・耐摩耗性に優れています。
 エンジンピストンやVTRのヘッド(少し古いですね)などに用いられて
います。

■A5xxx ・・・Al-Mg系
 Mg(マグネシウム)を主要添加元素とする合金です。引張り強さや
耐食性、加工性・溶接性に優れています。
 建築用資材、車両用材料、船舶、圧力容器などに用いられています。
 
■A6xxx ・・・Al-Mg-Si系
 Mg-Siを主要添加元素とする合金です。強度と耐食性を兼ね合わせた
材料です。
 建築用のサッシや家具、自転車部品などに用いられています。溶接性
がよくないので、組立にはボルトやリベットが使われます。
 
■A7xxx ・・・Al-Zn-Mg系
 Zn-Mgを主要添加元素とする合金です。アルミニウム合金中、もっとも
強度があり、超々ジュラルミンと呼ばれています。
 第二次世界大戦の名機、ゼロ戦に使用されたことで有名で、日本で開発
された材料です。現在は、航空機関係、大型構造物、橋梁、ゴルフシャ
フト、スキーストックなどに用いられています。
 
 アルミニウム材料は、このほかに鋳物があります。記号は2種類あり、
"AC"は普通の鋳型に流し込んで成型する鋳造用アルミニウム、"ADC"は
ダイカスト用アルミニウムになります。








関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。