スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械図面にはどんなものがあるか

ものづくりには色々な段階がります。

部品図: それぞれの部品を実際に作るために使う図面です。形状・寸法・材質・加工法などがわかるようにかかれています。

組立図: 部品をどのように組み立てるかを示す図面です。


この本は参考になりますよ。

図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図


見取図: 製品の特徴をわかりやすく示すための説明のための図面です。

テクニカルラストレーション: 実際には見ることのできない製品の内部を透視したように表したり、外形の一部を切断したように表すなど、製品の説明のための工夫を施した図面です。
関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。