スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラスチック、 忘れたらアカン、

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。


今日は、プラスチックについての簡単な解説をしましょう。

プラスチックは、液体を扱う個所、摺動個所、軽くしたい部分、透明部品、

見栄えを良くするカバーなどに用いられます。

プラスチックは、

  (1) 軽量 (ナイロンで比重1.1)

  (2) 電気の絶縁材料

  (3) 熱の絶縁材料

等の特徴があります。

プラスチックをその性質で分類すると、熱可塑性プラスチックと熱硬化性

プラスチックに分けられます。

熱可塑性プラスチックは、比較的低い温度で加熱することにより、何度でも

軟化することができます。

一方、熱硬化性プラスチックは、製品が作られるときに化学変化を起こす

ので軟化することは不可能です。

一般に、熱可塑性プラスチックは柔らかくもろくない。また成形がしやすいですが、

これに比べて、熱硬化性プラスチックは、強くて硬く、熱や薬品にたいして強い

抵抗性を持つものが多いです。


関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。