スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョミニー曲線、H鋼の意味は  忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、材料の事で鋼材の焼入れ性を評価するジョミニー試験と、焼入れ性保証のH鋼について

の簡単な説明を。


■ ジョニミー曲線とは

 JIS G0561「鋼の焼入性試験方法(一端焼入方法)」にジョミニー式端焼入れ法が規定されて

 います。

 (1)テスト片:φ25mmx100mm

 (2)焼入れ:決められた焼入れ温度に昇温(30~40分かけて)、そのまま30分間保持した後、

   垂直に吊り下げて、下側の面にφ12mm内径の管より温度が5~30℃の水を自由高さ65mmの

   自由高さで噴出させて、10分間冷却します。



■ 測定曲線

  試料片の焼入れ端より1.5mmの点より始め、HRCまたはNVを5mm間隔で測定して、横軸に焼入
  
  れ端からの距離、縦軸に硬度ををとってプロットして描いた曲線を、その鋼種のジョミニー曲線といいます。

  
■ Hバンド、H鋼とは何か

  鋼材の品質を一定にするため、同一鋼種の化学成分と結晶粒度のばらつきによる焼入性曲線のばらつき範囲を制限する必要があります。

  ばらつきの上限と下限の焼入性曲線にはさまれた範囲をHバンドといい、Hバンドの定められた鋼をH鋼といいます。

  バンド幅を保証するため、Hが付いていない通常の鋼種と比較して規定されている化学成分の範囲が少し異なります。


■ 有効硬化層深さ と 全硬化深さ層の定義

  JISにより有効硬化層深さと全硬化層深さの定義が異なります。


koukahukasa.jpg






関連記事

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。