スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶接の長所/分類  忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、溶接の長所/短所について書きます。


■ 溶接の長所と短所
 
  金属接合法を、その方法により分類すると、機械的接合法と冶金学的接合法に分けられます。

 前者の代表的な方法がリベット接合であり、後者が溶接になります。

  溶接とリベット接合とを比較すると、溶接の長所は、

 [溶接の長所]

  ① 継手構造が簡単

  ② 材料及び工数の削減が可能。経済的に有利。

  ③ 継手効率が高い。気密性に優れる。

  ④ 厚さに関する制限がほとんど無く、高肉厚でも可能。

  ⑤ 作業時の騒音が少ない。
  

 [溶接の短所]

  ① 局部的な加熱冷却によりひずみが発生。

  ② 残留応力が発生。応力集中に注意が必要。

  ③ 母材材質が変化。

  ④ 構造物としての脆性破壊の発生に注意が必要。

  ⑤ 溶接の結果、溶接金属(Welding Metal)が発生。








ここもみてね(まぐまぐマーケット)
関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。