スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

延性について    忘れたらアカン ものづくり

忘れたらアカン、ものづくり のブログを書いている、マーシーです。

今日は、金属の性質としての延性及びぜい性について述べます。


■ 延性について

 かなりの強さを持ち、しかも破損前に大きな永久変形をする金属材料は、

延性があるといいます。このような延性を表す単位として%伸びがよく採用

されます。延性を持つ金属材料は、若干降伏することにより応力集中の影響を

軽減する性質を持ち、この性質により部品内の応力分布状態が変化することに

なります。

 材料の可鍛性は延性と密接な関係を持っています。但し、その違いは延性が

材料の引張り特性であるのに対して、可鍛性は材料の圧縮特性です。



■ ぜい性について

 ぜい性は延性とは正反対の材料の性質です。もろい材料(ぜい性材料)は

非常に小さな変形で破損したり破砕したりしてしまいます。しかしこれは、

ぜい性材料の強さが小さいことを意味するのではありません。ただ、%伸び量が

低いことを示しているだけです。

 機械を設計する場合、このようなぜい性は金属材料に対しては、ほとんど要求

されない特性ですが、ぜい性が硬さとある程度の相関があることは留意しておく

必要があります。









関連記事

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。