スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリース潤滑のトラブルと対策 忘れたらアカン ものづくり

マーシーです。

ここでは、グリース潤滑に関するトラブルと対策について述べます。


グリース潤滑に関するトラブルは色々な原因が入り混じって発生します。ただ、一概にはグリースが劣化して発生するばかりではありません。
潤滑トランブルの解決には、機械的条件の確実な把握をした上で適切なグリースの選定とメンテナンスが必要です。
グリース潤滑のトラブルの内、グリースの劣化からくるものについて整理すると、表1のようになります。

グリース劣化の原因


表1より、グリーストラブルの原因をつかめば、対策も明らかになります。
もし、油種の変更を行う場合は、他種グリースとの混和が考えられますので、注意が必要です。表2に一般的な混合の可否を示します。

異種グリース混合の影響






引用元:メインテナンス(雑誌)1981.10 他

色々な物質の大きさ  忘れたらアカン ものづくり

マーシーです。

ここでは、いろいろな物質の大きさを見てみましょう。


物質の大きさ



引用元: Parker Hnnifin Corporation 汚染基準についての資料 2011

工業製品に使用される液体の清浄度の表し方 忘れたらアカン ものづくり

工業製品に使用される液体の清浄度の表し方

■はじめに
本項は、工業製品に使用される液体(潤滑油、油圧作動油、燃料油等)の清浄度合を数値的にあらわし、評価する規格について示します。


■汚染の基礎
液体の清浄度として、本項では固体の汚染物質について考えます。
液体中に含まれる固体汚染物質は、大きさや形状、材質、含有量等、様々なものが有ります。どのような汚染物質が有害かは、その液体を使用している機器の主に隙間の大きさによりますが、例えば、油圧システムでは、機器に最も悪い影響を与える汚染物質のサイズは、6~14μmといわれています。これば、人の裸眼では確認できない大きさです。

この他、清浄度合を評価するもののして、水分含有率などが有ります。

続きを読む

Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

yes.marsy

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。